人妻のマジ誘い。-あんなのボクには我慢できない-

公開日: 

今日のおすすめ作品!



>>作品詳細はこちら

<作品のあらすじ>

思春期MAXの少年が美人で巨乳の人妻といっしょに祭りの準備をしているうちに貧血で倒れこんできた人妻に股間の勃起をみられてしまい、それをヤラしく責められてエロい展開になって結果最後までヤってしまう話です。■あらすじそれは思春期がMAXの少年の淡く熱い思い出になった。エロい人妻とヤったからだ。『ケイくん…それより…これどうしたの?』『あっあっ…いえっ!すみません!』『フフ』夏の夕方―。公民館の一室。そこにいるのは少年と人妻だ。少年はどこにでもいるいたって普通の少年だが、思春期まっただ中のいわゆるエロに興味がある年頃の少年だ。人妻はといえば、美人で巨乳の近所でも有名なおばさんだ。少年は以前からこのおばさんが気になって気になってしかたなかった。少年のマンションの向かいに住んでいるのだだって、おっぱいは大きいしおしりはむちむちでエロいし着ている服は薄手でいかにもヤりたくなる体つきなのだ。そんな人妻が思春期の少年の前にいたら毎日、頭がそれでいっぱいだ。そして今日、今、そんなエロいおばさんと二人きりなのだ。二人きりで夏祭りの準備作業をしているのだ。『あっ…』『だ…大丈夫ですか?』フラッ…『ああッ…!おばさん!』ドサッ…なんとおばさんは急に少年の胸元へ倒れかかってきたのだ。二人はもつれて床へ折り重なるように倒れたのだ。『んんっ…』『ああっ!すっすいませんおばさん!』少年は焦った!とてつもなく焦った!脊髄反射で謝罪を繰り返したのだ。なぜなら、勃起したチ〇ポがおばさんの顔面へ、頬へ、ムニッと押し付けられていたのだ。続けて謝罪を繰り返す少年だった。やらしいことを考え、興奮がバレてしまい、勃起がバレてしまい、もう少年にはそれをするしかなかったのだ。『ごめんなさい…ケイくん…私貧血で…』『あっ…いえっ』『あああああッ!ちょっとおばさんッ…!』そのとき、人妻は、突然にもチ〇ポをさわりだしたのだ。『それより…これどうしたの?ケイくん…』『あっ…いえっそのっ…!』『知ってるのよ、私のことヤラシイ目でみてたでしょ』『ずっと前から…』『い…いえっ』少年はヘビににらまれたカエルだった。図星のど真ん中を突かれてしまい、妖艶な目つきで凝視され、もう訳がわからずただ見返すだけだった、が、『んあっ!ちょっ!』止まらなかった。おばさんはさらに進撃をつづけてきたのだ。少年のズボンをおろしギンギンに勃起したチ〇ポを握りおばさんはこういった。『こういうのイヤ…?』もうもはやなにが起こっているのかわかならい少年だが、はっきりと認識しているのは’ボクはおばさんとエロっている!’ということだった。イヤかイヤでないか?そんなことを聞かれた少年に言えることはひとつだけだった。『やっ!ヤリたいですっっ…!』肯定だ。男ならもうそれ一択だ。その言葉を放った時、少年は味わったことのない、にゅるっとした、ザラっとした、そしてじんわりとした温かみ、がチ〇ポに走った。フ〇ラだ。おばさんは少年へ口で責めたのだった。『んんっあっ…あっ…』もう止まらない。おばさんは、パ〇ズリ正常位バック騎乗位と少年の初体験へ直撃していった。肉と肉が打ち付ける音が公民館の一室をとどろかせる中、少年は、年増の女の人妻の、セ〇クスのエロい技を次から次へと受けていった、初めての時間が経過していき、快楽が二人を迫っていき、ついに、少年はオスの本能が目覚めた。汗ばむ熟れたおばさんのエロによって少年はエクスタシーの絶頂をむかえ、オスが発動し、おばさんを押さえつけ、覆いかぶさり、腰のピストンが最高潮に達し、チ〇ポの制御がぶっ壊れてしまった少年はおばさんのマ〇コへめいっぱい射精してしまう―。基本24p、差分総数48p、PDF同梱、となります。よろしくお願いします。



<サンプル画像>



>>作品はこちら



-- Delivered by Feed43 service

<ジャンル別に探す>

  • CG
  • ゲーム
  • コミック
  • 動画ファイル




  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    PAGE TOP ↑